サプリメントにおける栄養過剰の影響

サプリメントにおける栄養過剰の影響

サプリメントの摂取には、摂りすぎの問題があります。サプリメントは食品に分類される商品ですので副作用のリスクはごく小さいものですが、栄養素の含有の度合いは様々です。簡単に栄養を取り入れることができるサプリメントは、つい飲み過ぎて体によくない作用を及ぼすことがあります。中でも特に気をつけたいのは、ビタミンAが主成分のサプリメントです。ビタミンAは緑黄色野菜やうなぎなどに含まれている成分です。

 

粘膜を強くする働きがあり、目の乾燥の防止や夜盲症対策にいいと言われていますが案外と食事から補充できています。ビタミンAは水に溶けない栄養素であり、たくさん摂取しすぎると体内に残ってしまいがちですので、過剰摂取は様々な弊害を引き起こします。ビタミンAサプリメントをたくさん摂取しすぎたために、肝臓に問題が生じたという例もあります。ビタミンAの摂取は、特に妊娠中は要注意です。

 

腹の中の子がビタミンA過剰のために問題が起きることがありますので、気をつけてください。子供も基本的にはサプリメントはとらないほうが無難です。体が小さい分栄養過剰になりやすく、思わぬ弊害が生じることがあります。栄養は過剰摂取で悪影響が出ることもありますので、不足分の補充には充分気を配りましょう。常にサプリメントは必要なときにだけ適切な量を摂取し、過剰にならないように気をつけましょう。もしもサプリメントを摂取している時に体調の変化を感じた場合、サプリメントからの栄養摂取が何らかの問題を起こした可能性もありますので、専門医に相談してください。