下腹部のおなかダイエット

下腹部のおなかダイエット

下腹部のおなかダイエットに効果的な運動をご紹介しましょう。

 

用意するものは椅子とテーブルです。椅子に浅めに座って足を組み、心もち背を丸めます。
そして、少し話したテーブルに両手をつけましょう。両手をテーブルについた状態をキープしたまま、組んだ足の膝が胸の辺りまでくるよう引き上げます。

 

そして、おなかと太ももがちょうどくっつくくらいまで足を引き上げると、おなかダイエットになります。

 

静かに上げて下ろしてを1セットとし、5セットから10セット、足の組み合わせを変えながら続けます。

 

これは椅子に座って行うことを前提としたダイエット運動ですが、同じ要領の運動を、仰向けになって両膝を抱え、膝と胸を引き寄せる運動をしてもいいでしょう。

 

下腹に力が入っていることをしっかり意識するのが、下腹部のおなかダイエットのポイントです。

 

次に、下腹部のおなかダイエット日常意識編です。
背中が丸まっていると、おなかもだらしなくたるみがちです。

 

下腹を意識して腹筋に力を入れつつ、立っている時は背中を屈めずややあごを引くようにしてください。

 

姿勢を正せば筋トレ効果はもちろん、見た目の若々しさもアップしますよ。

 

座る時も同様に背筋を伸ばし、腹筋を緊張させて良い姿勢を習慣づけましょう。

 

やや腰を下げ気味に、ホースを短めに手にすると掃除をしながらのダイエットができます。
おなかダイエットという観点から考えると、座った姿勢で腹筋に力を入れると太ももとおなかの相互作用で筋肉が鍛えられ、状態をひねるだけで脇腹の運動にもなります。