ビタミンB群のサプリメントでエイジングケア

ビタミンB群のサプリメントでエイジングケア

アンチエイジングサプリメントや、化粧品でのスキンケアに熱心な人は多いようです。ビタミンCをサプリメントなどで摂取しなければ、体の中でコラーゲンを作り出す作用もうまく働かず、期待するようなアンチエイジング効果が出にくいかもしれません。サプリメントでビタミンCを摂取することで体の内部からエイジングケアができると言いますが、ビタミンC以外にも不足させたくない成分は色々あります。

 

ビタミンB群です。体が疲れているときは、お肌の調子も悪くなるというのは多くの女性の方が1度は実感したことがあるでしょう。体内でビタミンB群が足りないと様々な影響が出ます。肌トラブルを起こさないためには、ビタミンB群の不足をサプリメントなどで補い、代謝をアップさせることです。ビタミンB群には色々なビタミンBが存在していますが、中でもビタミンB2が足りなくなると肌のべとつきやにきびなどの原因になってしまいます。体内の脂肪を速やかに燃焼させエネルギー変える作用が、ビタミンB2が不足することで滞り、血液中に脂肪が溶け出してしまうためです。肌荒れの原因もビタミンB2の不足が考えられます。

 

ビタミンB2が不足することで、お肌のターンオーバーが異常に早まり、未熟な肌細胞が角質層を作ってしまいます。皮膚の炎症やしっしんが引かない場合は、ビオチンやビタミンB6が足りているかチェックしましょう。ビタミンB6やビオチンが不足する事でお肌の新陳代謝が低下し、肌ハリを保つコラーゲンや保湿機能を持つヒアルロン酸やセラミドの生成がうまくいかなくなってお肌のバリア機能が低下します。エイジングケアを目的としてサプリメントを選ぶ時は、ヒアルロン酸やコラーゲンの他にも、ビタミンB群など欠かせない成分があることも覚えておきたいものです。